プロフィール

さんちゅ。

Author:さんちゅ。

 
ようこそ♪
広島Blog











 
おすすめ♪



東京電力の環境への取り組み “みんなの尾瀬をみんなでまもる”サイト エコと尾瀬

セゾンの不動産商品

<br><br> インプラント 価格

 
ブログをはじめよう

無料blog

 
FEED
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
「寝ているだけで170万円」もらえるバイトというのがあるそうで。。

「寝ているだけで170万円」実験の詳細:NASAが答えるQ&A(Yahooニュース)
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080512-00000004-wvn-sci 
 
米航空宇宙局(NASA)の『ベッドレスト研究』の治験で、
研究の目的は、宇宙に長く滞在する宇宙飛行士の体が受ける
無重力の影響を再現することだという。
参加者の姿勢を水平[頭はやや下]に保つことで、
筋肉の委縮と骨密度の減少をある程度確認できるんだとか。。

でも、90日間ずっとベットで寝たきり。
体重を維持できるカロリーの食事と、多少の娯楽はあるそうですが
プライバシーはほとんどないんだとか。
そして、かなりの数の人々が正常な骨密度まで回復しているとはいうものの
骨は失われ、実験前のレベルには戻らない可能性もあるんだとか。

170万円なんて、下手すると私の手取り給料1年分。
その金額はとっても魅力的だけど、
カラダと自分を犠牲にしてまでは、私には無理だなぁ。。




「寝ているだけで170万円」実験の詳細:NASAが答えるQ&A
5月12日12時0分配信 WIRED VISION

90日間ベッドに寝ているだけで月給約5000ドルを手にできるという、米航空宇宙局(NASA)の『ベッドレスト研究』について報じた(日本語版記事)ところ、読者からたくさんの質問が来た。

参加者は何を食べるのか、配偶者の訪問は認められるか、ビデオゲームはできるのか、といった内容だ。そこで、読者からの質問を、プロジェクトを率いる上級研究者Ronita Cromwell氏にぶつけてみた。

同氏によると、研究の目的は、宇宙に長く滞在する宇宙飛行士の体が受ける無重力の影響を再現することだという。参加者の姿勢を水平[頭はやや下]に保つことで、筋肉の委縮と骨密度の減少をある程度確認できる。

寝ころびながら宇宙計画の手助けをしたいと思う人は、NASAの申し込みフォームに記入するだけでいい。

Cromwell氏は、参加者はベッドで3カ月を過ごす間に何を見ることができ、どのような食事をするのか、ビデオゲームはしていいか、配偶者の訪問は認められるかといった事柄を具体的に説明してくれた。その内容を質疑応答の形式で紹介する。

ワイアード・ニュース(以下WN):実験を最後までやり遂げた人はどれくらいいるのですか?

Ronita Cromwell氏:2004年から、36人の実験が完了しました。現在、5人が施設の中にいます。

WN:脱落した人は?

Cromwell氏:8人が途中でやめました。

WN:失格させられた人はいますか?

Cromwell氏:決められた手順に従わない被験者はいます。被験者は監視されるので、実験が始まれば多くの部分でプライバシーが失われます。ベッドにはカメラが向けられていますし、部屋の外の廊下に座って監視している人もいます。

WN:娯楽にはどんなものがあるのですか?

Cromwell氏:ウェブにつながったコンピューターがあり、コンピューターゲームもできます(レベル70のパラディンにまであげることも夢じゃない!)。ベッドには各自の専用テレビが設置されます。被験者のラウンジとでも呼ぶべき共有スペースもあり、ベッドを転がしていって、カードゲームやボードゲームを楽しむこともできます。

WN:『PLAYSTATION 3』や『Xbox 360』を持ち込むことはできますか?

Cromwell氏:テレビと一緒にゲーム機も用意しています。機種はこれから調べておきます。被験者が持ち込みを希望すれば、それも可能です。

WN:食事はどんなものですか? 体重が増えたり減ったりということがあるのでしょうか?

Cromwell氏:宇宙食を出されると思っている人が多いようですが、それは違います。食事はごく普通です。施設には厨房があり(中略)、被験者の体重を維持できるカロリーの料理を作っています。

WN:90日間、何をするのですか?

Cromwell氏:被験者には、1つの目標を持って勉強するように求めています。時間を費やすことができて、毎日を楽しみにできるようなものです。言語を学ぶのもいいでしょう。仕事を続けている人もいるし、転職を考えている人もいます。

WN:配偶者が会いに来ることはありますか?

Cromwell氏:もちろん面会は認められていますが、配偶者の訪問は特にありません。

WN:既婚者も参加しますか?

Cromwell氏:現在、男性の既婚者が1人います。おそらくこういう実験は、配偶者に合意を得ていると推測しますが。

WN:参加する理由はなんでしょう? クレジットカードの支払を抱えていたり、数カ月の自由な時間があったりするのですか?

Cromwell氏:実際のところ、宇宙計画に貢献する手段と感じている人が多いです。ただし、理由はさまざまです。

WN:回復にはどれくらいかかりますか?

Cromwell氏:施設で2週間ほど回復のために過ごすことになります。状態を観察し、リハビリのための運動をしてもらいます。これでたいてい、体の機能は正常に戻ります。もちろん、立って、あちこち歩くことができます。ハイキングに出かけることまでは勧めませんが。筋力は元に戻ります。

WN:骨密度の減少は?

Cromwell氏:骨の状態は観察の対象です。被験者は月に1~2%の骨を失っていきます。それが2週間で元に戻ることはありません。だから、半年後と1年後に来てもらい、骨密度を調べています。

WN:最終的に、骨は元に戻りますか?

Cromwell氏:骨は失われ、実験前のレベルには戻らないかもしれないと、伝えるようにしています。戻らない危険性も十分にあります。ただし、かなりの数(の人々)が正常な骨密度まで回復しています。

ベッドレスト研究については、冒頭で紹介した記事『寝ているだけで170万円の報酬:NASAが実験参加者を募集』も参考にしてほしい。

最終更新:5月12日12時0分
2008/05/12(月) 16:54 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

Lauri HodgesMinerva Duffy

gestapo undulately smuggishly taled racemule forepretended gourounut unspoilableness
<a href= http://www.geocities.com/monomorphic/ >Ciomperlik , J. A</a>
http://www.csc.vsc.edu/athletics/index.htm

が好き
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

こさんちゅ。

 
さがしもの?
ブログ内検索はコチラ。
 
ランキング参加中
ぽちっといただけると ウレシイです☆


d_04.gif

d_04.gif
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。