プロフィール

さんちゅ。

Author:さんちゅ。

 
ようこそ♪
広島Blog











 
おすすめ♪



東京電力の環境への取り組み “みんなの尾瀬をみんなでまもる”サイト エコと尾瀬

セゾンの不動産商品

<br><br> インプラント 価格

 
ブログをはじめよう

無料blog

 
FEED
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
気になるニュースを発見。

消費者の環境に関する行動を評価、比較した「Greendex」という調査で
日本は世界14カ国中11位だったんだとか。。

 <環境行動>日本は11位…外食多く、車は1人乗り 米協会 
                            by Yahooニュース

この調査は今年初めに、14カ国の消費者各1000人を対象に
住宅・交通機関・食品・消費財の消費行動について調査したもの。
「消費者の自発的な選択」と、「周囲の環境に左右される選択」の両面から
消費行動を評価します

環境と調和した持続可能な消費を評価する「グリーンデックス得点」は、
ブラジルとインドが共に60点で最高。
次いで中国(56.1点)、メキシコ(54.3点)、ハンガリー(53.2点)、
ロシア(52.4点)、英国、ドイツ、オーストラリア(50.2点)スペイン(50点)。
日本は49.1点で、14カ国中第11位となっています。
フランス(48.7点)、カナダ(48.5点)、最下位は米国の44.9点。

あらあら。。寂しい数字ですね。
環境に優しい製品を購入する、過剰包装は断る、物は修理して使う、
できるだけ公共交通機関を利用するなど、
消費者のちょっとした心がけで改善されていくことも多いようです。


環境問題は、ひいては自分達に返ってくることでもあるので
自分なりにできることからやっていければな。。
なんて、ちょっとマジメに考えたりしちゃいました。



ちなみに、日本の得点の詳細は
 住宅部門:13位
   暖房に灯油を使用している
   断熱効果対策や、省エネ家電の導入が低い

 交通機関部門:6位
   環境に配慮した超低排出ガス車やハイブリット自動車の普及が低い
   会社など日常の移動先の近くに居住している割合が低い

 食品部門:14位
   外食や加工食品をよく食べる
   輸入食品をよく利用する

 消費財部門:5位
   物が故障した場合、修理するのではなく、新しいものに買い換える傾向が強い。
   リサイクル率が低い。
   過剰包装された製品の購入を常に控えている消費者が少ない

 態度要因
   自分が生きている間に、地球温暖化の影響で生活が悪化すると信じる
   日本の消費者は、10人中わずか3人だけだった。
   また、環境問題の深刻さが誇張されていると信じる消費者は3%と
   少ないものの、人間活動が環境に与えている影響を考えると罪悪感を
   強く感じると答えたのはわずか5%。

 環境に関連した行動
   環境に関連した市民レベルの活動に参加する消費者が少ない。
   環境保護団体に寄付をしたり、ボランティアとして参加したことがあると
   答えた消費者は22%にとどまっている。
   そのほか、環境問題を訴える手紙を書いた経験がある消費者は2%、
   環境関連のデモに参加したことがあるのは23%、
   環境問題に関する情報を得る努力をしたことがあるのは23%、
   地球温暖化について話し合ったことがあるのは39%だった。
   いずれも14カ国中最も低い数字となっている。
   
   
この結果、どうなんでしょう。。。


2008/05/09(金) 12:15 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

稲穂 : はじめまして

広島県世羅町に、農業経営に“ロハス”という価値観を取り入れ、“環境”と“健康”をコンセプトに農業経営を実践していこうとしている観光農園が今度オープンします。

皆がいまより少し意識するだけでも違ってくるとは思いますね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

こさんちゅ。

 
さがしもの?
ブログ内検索はコチラ。
 
ランキング参加中
ぽちっといただけると ウレシイです☆


d_04.gif

d_04.gif
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。