プロフィール

さんちゅ。

Author:さんちゅ。

 
ようこそ♪
広島Blog











 
おすすめ♪



東京電力の環境への取り組み “みんなの尾瀬をみんなでまもる”サイト エコと尾瀬

セゾンの不動産商品

<br><br> インプラント 価格

 
ブログをはじめよう

無料blog

 
FEED
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
屋台(やったい)が豪快な播州の秋祭りを観に行ってきました。
屋台  氏子各町が繰り出す屋台は、
  黒光の漆屋根に金銀の装飾が
  秋の陽に輝きとっても壮観。
  「ヨイヤサ~っ」のかけ声で豪快に
  掻かれ、差され、練られます。
  噂には聞いていましたが、
  間近で見ると迫力満点。
  ハマっちゃいそうです。






屋台の壮大さに注目が集まりがちですが、
そもそも、この秋祭りはご神体を御旅所へ渡御する神幸祭という行事。
神輿白馬神輿
前日は宵宮と呼ばれ、氏子各町を
ご神馬を先頭にご神体が移された神輿を御旅所へひいていきます。

御旅所で一晩すごされた神輿は、祝詞や玉串奉奠などの神事が行われ、
お供の屋台に囲まれてお宮へ戻っていきます。
御旅所ご神馬神輿
お宮に到着すると、宮司さんの手で神輿から神殿にご神体が戻されます。

さて、ここからがいよいよ屋台の練り合わせ、にぎわうところです。
続々と各町の屋台がお宮へ帰ってきます。
屋台 屋台
「よ~いやさっ、よ~いやさっ」のかけ声と、太鼓の音が鳴り響き、
町が一体となって祭りを盛り上げます。
屋台を掻く男衆。。まわしを締めた町もあり、かっこよすぎ。

夜 練り合わせ
夜になると屋台に電灯が灯り、また趣もひとしお。
帰るのが名残惜しいかのように、各町の屋台が練り合わせられます。

すごい。すごすぎる。。
いいものを見させてもらいました。







2008/10/21(火) 16:49 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

ひめじん : 始めまして。

これは姫路の祭りですね。
私もこの祭りに参加していました。
準備は大変だけど、祭りの後のビールが旨いの何の。
大切に守り続けていきたい伝統です。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

こさんちゅ。

 
さがしもの?
ブログ内検索はコチラ。
 
ランキング参加中
ぽちっといただけると ウレシイです☆


d_04.gif

d_04.gif
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。